毎日使う美白化粧品にはできるだけ効果のあるものを選びたいものです。そこで今回は美白化粧品のおすすめとして販売されている化粧品の真実と嘘についてみていきたいと思います。まず美白と聞くと一般的に思い浮かべるイメージとして黒くなったものを白くしてくれる漂白剤のようなものをイメージするかもしれませんが、美白化粧品として販売されているものはすでにできてしまったシミやくすみを消すのではなく、これからできてしまうシミやくすみを予防することを主な目的として作られています。そのためこの美白化粧品でシミが完全になくなったというのは嘘とまでは言えないかもしれませんが、嘘と感じる人も多くいるはずです。そこでできるだけ効果のある美白化粧品を選ぶためにはどういった成分が含まれているのかを注目して選ぶ必要があります。高い美白効果が期待できる代表的な成分として挙げられるものに、アルファアルブチン、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体の3つがあります。その他の成分として、エラグ酸、ルシノール、プラセンタエキス、カモミラET、トラネキサム酸などの成分も有効的な成分として挙げられます。これらの成分が含まれていないと美白化粧品と表示されていても有効成分が含まれていないため美白効果を期待することができません。こうした成分が含まれていない美白化粧品は美白効果があると書かれていても嘘だと言えるため、美白化粧品の真実と嘘を正しく知ったうえで毎日使う化粧品を選ぶようにしましょう。